一般社団法人日本超音波検査学会個人情報および特別個人情報等保護方針

一般社団法人日本超音波検査学会(以下,本学会)は,個人情報保護の重要性を認識し,関係法令,ガイドライン等を遵守します.このため,以下の取り組みを推進し,会員,委員,外部講師,職員等の個人情報および特別個人情報の保護に努めます.

  1. 個人情報および特別個人情報の定義
    本学会における「個人情報」とは,本学会への入会申請および本学会が行う事業で収集する会員,委員,外部講師,職員等の氏名や生年月日,住所,電話番号,FAX番号,電子メールアドレスなど,個人を特定可能な情報を言います.また,「特別個人情報」とは,委員,外部講師,職員等の個人番号(通称;マイナンバー)およびそれに類する情報を言います.
  2. 個人情報および特別個人情報の管理
    本学会は,個人情報および特別個人情報の取扱いに関して,理事長を管理責任者とし,個人情報および特別個人情報を尊守する体制を構築します.また,関係法令の改定,社会環境やIT環境の変化,本学会の事業内容の変化に応じて,継続的に見直しを行います.
    本学会は,個人情報および特別個人情報の漏えい,滅失または毀失の防止等,その管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じ,これを取扱う委員および職員の教育,啓発に努め,必要かつ適切な監督を行います.
  3. 会務の外部委託に係る個人情報および特別個人情報の取扱い
    本学会の事業目的を達成するために,保有する個人情報および特別個人情報の取扱いを含む会務の一部を外部に委託する場合には,適切な委託先を選定し,当該委託先に対し,安全管理が図られるよう,必要かつ適切な監督を行います.
  4. 個人情報の収集と利用
    本学会は,定款に定めた事業目的に沿って行うサービスの提供,会員名簿等の作成,過去に収集した個人情報の更新,その他の会務を遂行するために必要な範囲で個人情報を収集します.また,個人情報の収集は,収集目的を明示し,本人の同意を得た上で行います.個人情報を利用する場合は,利用目的の範囲内でのみ利用し,本人の同意なしで目的外利用することはしません.
  5. 個人情報の第三者への開示・提供の制限
    本学会は,保有する個人情報に関し,次のいずれかに該当する場合を除き,第三者に開示・提供しません.
    1)
    本人の同意がある場合
    2)
    法令に基づく場合
    3)
    本学会の事業目的を達成するために必要な範囲内において,保有する個人情報の取扱いを外部に委託する場合
    4)
    人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合で,本人の同意を得ることが困難であるとき
    5)
    公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合で,本人の同意を得ることが困難であるとき
    6)
    国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で,本人の同意を得ることが困難であるとき
  6. 特別個人情報の収集と利用
    本学会は,以下の利用目的でのみ特別個人情報を収集・利用します.
    1)
    職員およびその扶養家族に係る個人番号関係事務
    ① 給与所得・退職所得の源泉徴収票作成事務
    ② 健康保険・厚生年金保険に関する届出および申請事務
    ③ 職員の配偶者に係る国民年金第3号被保険者届出に関する事務
    ④ 雇用保険に関する届出および申請事務
    ⑤ 労働者災害補償保険法に基づく保険給付請求に係る事務
    ⑥ 個人住民税に関する事務
    2)
    職員以外の個人に係る個人番号関係事務
    ① 報酬・料金等の支払調書作成事務
    ② その他法令に定められた支払調書作成事務
  7. 個人情報および特別個人情報の訂正・開示等
    本学会が保有する個人情報および特別個人情報に関して,個人情報提供者本人から訂正,削除,利用停止,開示等の請求があった場合,本人確認の上,合理的かつ必要な範囲において速やかに請求に対応します.
  8. 個人情報および特別個人情報保護方針の改定
    本学会は,個人情報および特別個人情報保護方針の内容を定期的に見直し,改善を図ります.

一般社団法人日本超音波検査学会
平成21年2月14日制定
平成27年6月6日改定
平成28年9月24日改定
平成29年7月8日改定
2020年12月12日改定